×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恋愛祈祷 復縁祈祷 離婚祈祷 結婚祈祷 縁切り祈祷          
愛染明王について
最強の愛憎パワー



愛染明王の霊験「無病息災」「増益」「敬愛」「降伏」「鈎招(福神を招く)」「延命」
 良縁成就や結婚成就・夫婦円満においては仏教神の中では最強最高と誰もが認め
 その手に持たれた弓と矢で愛のキューピットのように人と人、心と心を結び付けます 
 
 愛染明王の名は愛欲染着が名前の由来です。

 人々が持っている性欲に執着する心こそ金剛薩たの浄菩提心と同じである。(煩悩即菩提)
愛欲をむさぼる心(愛欲貧染)を金剛王菩薩の浄菩提心の境地(三昧)にまで高めます。

 愛染という名前のとおり、愛情・情欲をつかさどり、愛欲貪染をそのまま浄菩提心(悟りの心)にかえる
力をもち、煩悩即菩提を象徴した明王です。
 人間にはさまざまな欲望がありますが、この欲望は人間には滅亡へとかりたてる力を持つとともに、
時には生きて行くうえでの活力源となり、より多くのものを可能にし、高める力を持っています。
 この両刃の剣である力強い欲望の工ネルギーを、悟りを求め自らを高めようとする積極的なエネルギーに浄化しよう
というのが愛染明王の教えです。


 『金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経(こんごうぶろうかくいっさいゆがゆぎきょう)』  
  愛染王品第五

    三世三界中一切無能越 此名金剛王頂中最勝名 金剛薩た定一切諸佛母
    ※三界とは、欲界・色界・無色界(仏教におけるこの世の世界すべて)のこと、
      そして三世とは過去・現在・未来の三つの世界
   「三世三界中で何者もこの明王を越えることができない。 その名(金剛薩た)は金剛王の中の最高位である。
    金剛薩たは、すべての仏の母であるに違いない。」


<愛染明王の12の御誓願>

  ・ 智慧の弓、方便の矢を以って愛敬を与え幸運を授けよう
  ・ 悪心を加持して善果を得せしめよう。
  ・ 三毒の煩悩を破って浄い心を起こさしめよう。
  ・ 諸々の邪見驕慢の心を離れて正しい心に住せしめよう。
  ・ 諸人との争いの縁を断って一生平和に送らせよう。
  ・ 諸々の病苦と天災の難を去って天寿を全うさせよう。
  ・ 貧弱飢渇の苦を除いて無量の福徳を与えよう。
  ・ 悪鬼邪神の厄を払って安穏快楽ならしめよう。
  ・ 子孫の繁栄と家運の増長を守って福緑を断たせまい。
  ・ 前世の悪業の報いを清めて後生は浄土に生まれしめよう。
  ・ 女人には愛を与えて良縁を結ばしめ善児を授けん。
  ・ 女人にはお産の苦しみを免れしめ、生まれた子には福徳愛敬を授けん。

注:三毒を構成する煩悩
  貪(とん):貪欲(とんよく)ともいう。むさぼり(必要以上に)求める心。
  和文では「欲」・「おしい」・「むさぼり」と表現する。
  瞋(しん):瞋恚(しんに)ともいう。怒りの心。「いかり」・「にくい」と表現する。
  癡(痴・ち):愚癡(ぐち)ともいう。真理に対する無知の心。「おろか」と表現する。


<お姿>

 その姿は宝瓶に活けられた蓮華座で上で赤い円相を光背にして結跏趺坐し、
 頭部には獅子冠をいただく一面六臂三目の赤肉色。
 頭に獅子冠をかぶり、髪を逆立て、三目で、牙をむき出して□をカッと開き恐ろしい姿の忿怒(ふんぬ)尊です。 
 ●仏様の手を数えるときは本来は本ではなく臂(ひ)といいます。

 目が三つあるのは三界(あらゆる世界)を見通す事を示してます。
 三つの目には三徳・仏部(如来)蓮華部(菩薩)金剛部(明王)の仏の威徳の全てを、
 この身体の中に有している事を表しています。

 頭に被っている獅子冠・忿怒眼は仏敵を降伏させる事を表し、
 頂上にある五鈷は衆生の五智を成就させる事を表し、
 天帯(頭に巻いた帯)は何も聞かずに、如来自身の持つ清らかな欲望の心を知る事が出来るほどの
 帝王である証である事を表します。

 持物(その手に持っている物)の
 ・五鈷鈴と五鈷杵は息災
 ・弓矢は敬愛
 ・腰に当てた手は右手に持つ蓮華の菩提心で、根本無明を降伏させる事を表し、
 ・台座にしている赤蓮華は敬愛を表し、その蓮華を支えている
 ・宝瓶は増益の徳があることを表しています。

 腕は六本、これは地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天道の六道すべてを救う意味です。

 持物は左右第一手には金剛薩たを象徴とする五鈷杵・五鈷鈴を、
 左右第二手には金剛愛菩薩を象徴する弓と矢をとり、
 右第三手には未敷蓮華、左第三手は何ももたず金剛拳をする。
 
 右手には手前から順に五鈷杵(ごこしょ)・矢・蓮華、左手は五鈷鈴・弓・握りこぶしです。
 五鈷杵と五鈷鈴は健康や息災、時には恋いのライバルや、嘘、不純なモノなどから守るため
 矢と弓は恋愛を叶えるため
 蓮華と握りこぶしは、女性の優しさと男性の力強さを表わします。
 蓮台の下の壷は宝瓶(ほうびょう)といって、真理、智慧、悟り、の三つの徳の宝石がはいっています。
 恋愛体験を通して優しさや慈しみを育てる願いを持っています。
 
 大日如来---金剛薩捶(こんごうさった)---愛染明王という流れがあり、
 太陽に縁が深いので日輪のなかに坐っています。
愛染明王を本尊とする寺院

  愛染堂(勝鬘院)(大阪市天王寺区) - 聖徳太子建立の四天王寺四院の一つ。西国愛染十七霊場 第1番札所。
    金剛三昧院(和歌山県高野町) - 北条政子所縁の寺。源頼朝の念持佛である愛染明王を祀る。本尊は国の重要文化財。西国愛染 十七霊場第17番札所。
    舎那院(滋賀県長浜市) - 本尊は鎌倉時代の作で国の重要文化財。豊臣秀吉が奉献したとされる。
    愛染院(東京都練馬区) - 本尊の愛染明王像は秘仏。
  光明山愛染院(東京都板橋区) - 地元の染物業者の信仰対象となっている。

愛染明王を祀る代表的な寺院

    西大寺(奈良県奈良市) - 重要文化財の愛染明王像は善円の作。京都御所の近衛公政所御殿を移築した愛染堂に安置。西国愛染 十七霊場第13番札所。
    神護寺(京都市右京区) - 重要文化財の愛染明王像は仏師康円の作。
    神童寺(京都府相楽郡山城町) - 天弓愛染像。
    覚園寺(鎌倉市二階堂) - 愛染堂の愛染明王坐像は鎌倉時代後期の作。 
  長雲寺(長野県千曲市稲荷山) - 重要文化財の愛染明王像は、寛文13年(1673年)京都の仏師久七作。
    放光寺(山梨県甲州市) - 重要文化財の愛染明王坐像は平安時代の作。天弓愛染明王では日本最古の像と言われている。 

5. 美術館等

    五島美術館 - (伝、鶴岡八幡宮寺旧蔵)
    奈良国立博物館 - 重要文化財の愛染明王像は鎌倉時代の仏師快成の作。












TOP

愛染明王によるお祈り

修験者によるパワー祈祷

秘符などの購入

祈祷依頼

無料相談

鬱からの復活の曲

[検索用ワード]無料相談、心霊相談、霊障相談、除霊相談、浄霊相談、霊相談、悪霊相談、生霊相談、先祖霊供養、霊視、無料鑑定、心霊鑑定、悪霊鑑定、生霊鑑定、守護霊、心霊写真鑑定、除霊、浄霊、お焚き上げ、御霊符、御念珠、霊障害、トラップ音、 健康障害、人生相談、意見、書き込み、投稿、意見交換、実体験、怖い話、話し合い、悩み、相談、悩み相談、霊、魂、心、運命、占い、呪い、祈り、恋愛、片思い、両思い、結婚、心霊写真、心霊写真鑑定、心霊鑑定、恐怖、ホラー、怖い話、怪談、死後、あの 世、異次元、不可視、やる気がない、心霊、心霊スポット、心霊情報、心霊体験、心霊現象、超常現象、早朝、深夜、闇夜、怪奇、怪奇現象、オカルト、死、霊感、霊的現象、波長、神社、寺、墓、墓地、霊園、幽霊、お化け、ポルターガイスト、エクソシスト、前世、 背後霊、守護霊、地縛霊、心霊写真、心霊映像、オーラ、オーブ、曼荼羅、曼陀羅、極楽浄土、追善供養、勤行、功徳、霊視、相互供養、祈念、祈祷、煩悩、厄除

戻る

石見の国 強烈無比の呪術祈祷師 幻州泰寛






























































































鬱からの復活の曲