×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

悪縁を断ち切る愛染祈祷


鬱からの復活の曲

ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第二番 
Nobuyuki Tsujii 辻井伸行 2009 Cliburn Competition FINAL CONCERT 


挫折 [WIKI]より
ラフマニノフは1895年に交響曲第1番を完成させ、2年後の1897年にはアレクサンドル・グラズノフの指揮によりペテルブルクで初演されたが、これは記録的な大失敗に終わった。特にツェーザリ・キュイが「エジプトの七つの苦悩」に例えて容赦なくこき下ろしたのはよく知られている。この曲はラフマニノフの存命中は二度と演奏されることはなかった。失敗の原因として、グラズノフの指揮が放漫でオーケストラをまとめ切れていなかった可能性[註 4]や、ペテルブルクがラフマニノフの属したモスクワ楽派とは対立関係にあった国民楽派の拠点だったことの影響などが指摘されている。

この失敗によりラフマニノフは神経衰弱ならびに完全な自信喪失となり、ほとんど作曲ができない状態に陥った。この間、彼はサーヴァ・マモントフの主宰する私設オペラの第二指揮者に就任し、主に演奏活動にいそしんだ。マモントフ・オペラではフョードル・シャリアピンと知り合い、生涯の友情を結んだ。シャリアピンの結婚式では介添人の一人として立ち会った。
ラフマニノフ、1899年

1898年にはシャリャーピンと連れ立っての演奏旅行で訪れたヤルタでアントン・チェーホフと出会い、親交を結んだ。チェーホフはラフマニノフの人柄と才能を称賛し、大きな励ましを与えた。

一方、彼の落胆を心配した知人の仲介により、1899年にレフ・トルストイと会見する機会にも恵まれた。ラフマニノフはシャリャーピンを伴ってトルストイの自宅を訪ね、交響曲第1番の初演以降に作曲した数少ない作品の一つである歌曲「運命」(後に作品21の1として出版された)を披露した。しかしこのベートーヴェンの交響曲第5番に基づく作品は老作家の不興を買い[註 5]、ラフマニノフはさらに深く傷つくことになった。

作曲家としての成功 
ラフマニノフの作曲家としての成功に決定的に寄与したのは、彼を心配した周囲の人たちの紹介で出会った精神科医のニコライ・ダーリだった。アマチュアのヴィオラ奏者でもあったダーリは彼に「あなたは素晴らしいピアノ協奏曲を作る」という暗示療法を行い、ラフマニノフは徐々に自信を取り戻していった。

やがて創作への意欲を回復した彼は1900年から翌年にかけて2台のピアノのための組曲第2番とピアノ協奏曲第2番という二つの大作を完成させた。特にダーリに献呈されたピアノ協奏曲第2番は作曲者自身のピアノとジロティの指揮により初演され、大成功を収めた。この作品によってラフマニノフはグリンカ賞を受賞し、作曲家としての名声を確立した。

Nobuyuki Tsujii 辻井伸行 2009 Cliburn Competition FINAL CONCERT 
ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第二番 




第一楽章




第二楽章




第三楽章前半




第三楽章後半





TOP

愛染明王によるお祈り

愛染敬愛法

修験者によるパワー祈祷

秘符・ブレスなどの購入

(携帯用のページ)ブレスレット

祈祷依頼

無料相談

鬱からの復活の曲

六月晦大祓祝詞

梵字と干支


TOP
戻る


石見の国 愛染祈祷師 幻州泰寛